帝国主義と英語

英帝国の文法ルール

欧米に比べると、日本語の研究は比較的に遅く始まったと考えられています。そして、日本の場合、第二外国語として日本語を教える機会は殆どありませんでした。しかし、昔の英国は世界を怖がらせた帝国でした。アメリカ・インド・オーストラリアなど、たくさん植民地を作って、たくさん民族を征服しました。その場合、植民地を発達させるため、その民族に英語を習わせました。法律や教育全てを英語だけで行うようになった植民地は、いつの間にか英語圏になってしまいました。

もちろん、これをするのに優れた教育を発達させなければなりませんでした。そのため、昔の英国は英語を教えるため、たくさんの教師を育てなければなりませんでした。そのため、文法学者もたくさん雇って、英語学科を強化しようとしました。数百年前のことですが、英語は世界の共通語になりつつある今、その活動の結果が明白です。このような歴史は日本にはそれほどないですから、これは大きな違いです。