会長デモ

今日6時半に起きて、さっそく会社へ出かけた。

ベルと着用を忘れてしまった。

それを「失敗許さない日のたった一つの失敗」と考えて、デモまであまり緊張しなかった。

しかし、「会長デモ」と聞いた度に、「会長一人に商品のデモ」と想像していた。

どうも会長や取締役や秘書団体まで揃っていた。

同僚が10分のPPTを発表してから、20分が僕のデモ。パソコンが一回だけ僕の喋ったことを認識出来なかった。一応、無事成功…

と思ったが、会長からの要望は今のプロジェクトを捨て、全然違う方向に進むべきだそうだ。

まあ、良い。それは管理者の問題だろう。

ところで、会長の秘書が試してみたところ、僕が皮肉のつもりで「美女秘書団体」と勝手に名付けた女達はあくまで美貌で採ったわけではないことが分かった。というのは、彼女の発音が僕のより綺麗だった。システムはノンネイティブと互換性に欠けているので、助かった。

遅く帰った。Mと新宿で連合することになっていた…が、いつもと違って時間の節約のためリンカイセンに乗ろうとしたその時、大崎まで無事だった僕は、うっかり横浜への快速に乗ってしまった。

30分電車内に虜になった。

そして、帰りも30分となった。

無論、待ち合わせにとんでもないぐらい遅くなった。

Mは許したが、それでも僕は申し訳ない極まりだった。

珍しくMは僕が払うのを我慢出来たみたい。

なんとなく僕とMは不思議な関係。

Mはパソコンが使えない。そのような人生、僕には理解出来るはずもないかもしれない。

あまりにも疲れているので、今日はこのぐらいにしておく。