金曜日のこと(アップが遅れ)

鬼そばに行って、鬼そばとすき焼きうどんを注文した。テレビが演歌の演技を流していたうちに、泣きそうになった。二、三の滴

五百羅漢のところに行って、一人であの部屋を見回った。もう涙を禁じえなかった。特に台のうしろの板の落書き祈りを読んでいた時、もう耐えられなくなってさ

それから先生と病院に行った。二人の若手医師。アメリカンスタイル。というのは、しっかり調べられたような気がする。日本の医師の診断イコール適当な誤魔化しまではいかないまでも、まあご存じの通り

ところで、医者が二人いて、男性一人と女性一人だった

どちらも人並み以上外形が良く、しかもちょっと「あれ?」のようなありきたりの美男女ペアではなく、何か不思議なところがあった。まるでエックスファイルズのような感じ

そしてコーヒーに食事。僕とあの人が上手く行かなかった理由について、殆ど話した。これからの大プロジェクトには必要な行動だったし、先生に言いたかった

親友の店に訪ねようとしたその時、もうなくなったことがわかった。聞いたみた。回ったあげく、彼の居場所が分かってきて、入ろうとしたその時、満席

仕方なく、別の店にした

ずいぶん先生と話した。まあ、たくさん話すべきことがあったわけ

そして、食事していた店の閉める時間となり、さよならのあいさつをした

親友の店に戻った。今回殆どの席は空いていた

親友に会った。一応元気そうにみえたが、表情からなんか不安そうにもみえた

彼が僕に告白した。その前の店の売り上げが足りなかったせいで、彼が首になった。彼はそこでトップコックをやっていた

ところで、今まで僕が食べた料理の中で、彼のが一番上手い

しかし、今の仕事は皿洗い

首になった店に行った理由は、自分の店の方で客さんの数が足りなかったからだ

なんと情けない話

彼は能力がたっぷりあるのに、良い仕事が見つけられない

でもテレビをみてみると、全くなんの才能もないタレントが豪華な生活をしている

これが日本の問題の一つだと思う

卒業式があった