蟻に侵略された

ゴミをゴミの日に出さないと、歓迎されていない友達の軍隊がやってくる

そんなことすら忘れた僕がいる

土曜日目が覚め、トイレの方に行くと小さい黒い花粉のようなものが床にうろうろしていることに気付いた

よく考えたあげく、ゴミを早めに出せば済むのでは、と結論した

が、5時間経っても蟻は出ていない

それで、申し訳ない気分たっぷりで廃絶に力を出した

可愛いそう、小さい軍隊

僕が気持ち良く生きるため、またチョッピリの存在が消された