カードの整理・グレードの付ける方法

カードの整理の仕方

一番合理的な方法は一つのカードデータベースを使って、カテゴリーでカードを分けることです。

カテゴリーを作るのに、「カードを追加する」ウィンドウーに「カテゴリーの名前」を記入するだけです。その名前を持っているカテゴリーが存在していれば、カードはそのカテゴリーに追加されます。また、そのカテゴリーは存在していない場合、そのカテゴリーは自動的に作成されます。

いくつかのカテゴリーだけに集中したい場合やいくつかのカテゴリーを無視したい場合は「カテゴリーを選択する」を選びます。ただし、毎日カテゴリーをメニューから選択することは手間が掛かるので、基本的に全部を選択した方をお勧めいたします。

選んだカテゴリーのカードだけを学習する

覚エテチョウでは、いろいろなカテゴリーのカードを混ぜて復習するのが基本的です。これが一般のユーザに特に効率的な方法でしょう。しかし、カードをカテゴリーで分けしたとして、「カテゴリーを選択する」機能でいくつかのカテゴリーをまとめることができます。

メニューから「カードのデータベース」を選び、「カテゴリーを選択する」を選択してください。表示されたカテゴリーメニュー目録から、自分が勉強したいカテゴリーを選択してください。CTRLキーを押しながら、複数の離れているカテゴリーも選択可能です。

そのカテゴリーの勉強が終わったら、「カテゴリーを選択する」メニューに戻って、「全てを選択」を選んでください。(そうしないと、他のカテゴリーの復習カードを忘れる恐れがあります。)すべてのカテゴリーを表示して終わります。

まだ覚えていないカードがたくさんある場合の対応方法

初期設定では、新しいカードを勉強するとき、覚エテチョウは普通に5枚のグレード0カードだけ表示します。これは200枚のカードを一度に覚えることが大変困難だと考えられるからです。しかし、「グレード0カードの同時習得枚数」の設定でこの数字を変えることができます。しかし、この設定と関係なく、一日に何枚カードを覚えるのかはあなた次第です。例えば、設定が5だとしたら、セットで5枚ずつカードを覚えてしまったら、次の5枚のセットへ自動的に移ります。

ただ、復習が大変にならないように、復習の枚数を考えながら一日に覚えるカード枚数を決めるのが良いでしょう。

最大休止時間について

最大休止時間の制限はありません。1年以上の休止が可能です。

カードの復習を一日で済ませられない場合

心配しないでください。できるだけ復習したら、覚エテチョウが自動的に残りを次回に延期します。

Sorting the cards in the Edit deck list by category
Click on the Category column title. Clicking Category again reverses the sort order.
Mass-moving cards
To mass-move a group of cards from one category to another, select multiple cards, right-click, and then choose change category.
Hierarchical categories
Support for hierarchical categories is planned for a future release (no timetable available).
For now, you can give your categories names like 'Science::Physics' and 'Science::Mathematics'.

Renaming Categories
To rename categories, open the "Edit Deck" window. Along the bottom of the window is a scroll bar. Scroll to the right to find the "Category" column.
Click on "Category" to sort all of the cards by category. Now, highlight all of the cards you want to move to the new category.
Finally, right click on one of the selected cards and select the "change category" option. Enter the name of the new category and you're finished.

***
Resetting All Learning Data
First, export your cards to XML. Then choose one of the following:
start a new database (or, if you want to erase your logs too, delete the .mnemosyne dir)
import the XML, but choose 'reset learning data'
Advanced Grading
Here is some additional information about what happens when you grade cards. This information is not necessary to successfully use the program and is intended only for advanced users.
If you grade a card successfully (2-5), the card is scheduled again for a future date. If you grade a card unsuccessfully (0-1), the card is placed in the "unmemorized" pile and is available again for review after you finish the repetitions scheduled for the current day.
All cards have an "easiness" factor which the algorithm uses to schedule the interval between repetitions. It is basically the factor with which the old interval is multiplied in order to get the new one. It's default value is 2.5, and it cannot go below 1.3, so intervals always increase if you grade a card 2 or higher. The easiness factor is not generally presented to the user because its usefulness is limited to the algorithm's computations.
If you select grade 4, the easiness factor is unchanged and the card is scheduled for future repetition based on the previous record of repetitions.
If you select grade 5, the easiness factor is increased and the card is scheduled for future repetition based on the previous record of repetitions.
If you select grade 2 or 3, the easiness factor is decreased and the card is scheduled for future repetition based on the previous record of repetitions.
If you select grade 0 or 1, the easiness factor is unchanged and the card is put back in the stack of unmemorised cards.