初心者ガイド

始めに

まず、興味があれば、覚エテチョウの原則について読むことをお勧めいたします。

チュートリアル

初めて覚エテチョウを起動するとき、チュートリアルが自動的に現れます。気をつけながらよく説明を読んでください。自分の覚えていることと覚えていないことを効果的にするため、カードのグレードを正確にすることが必要です。

もう一度チュートリアルを確かめたい場合はメニューから「ヘルプ」を選び、「初めに」を選択します。

覚エテチョウで何を勉強することができるか?

覚エテチョウで何でも勉強することができます。ユニコードを採用しているので、人間の言語全部がサポートされていることになりますし、写真や音をカードに入れることもできます。

どうやってカードを追加するか?

カードの作り方は自由です。フラッシュカード一枚に、覚えたいことを一つだけ書くとより簡単に暗記できるでしょう。

ただ、語学学習に関しては例外です。3面カードの機能で、単語の意味・発音・スペルが全部一緒に勉強することができます。

グレードについて

グレードの範囲は0から5までです。

まだ答えが分からないカード、または答えを忘れたカードにグレード0か1のどちらかを付けてください。グレード1は0よりも少し覚えているということを意味します。

グレード0や1のカードは何回も練習することができます。これは紙の単語カードとまったく同じ使い方です。ただし、グレード2以上は「もう覚えたから、今日はおしまい」という意味なので、グレード2以上を付けるといつ自分がそのカードを復習すればいいのかを自動的に決めます。その日に覚エテチョウがそのカードを復習するようにスケジュールを組みます。これは科学者の研究によると、最も効率的な方法だと言われています。

グレード5は易しすぎたという意味です。グレード5を付ける場合には、覚エテチョウが次の復習の日を先延ばしにします。

覚えるのにそこまで努力を要さなかった場合には、グレード4を付けてください。これは覚エテチョウに表示された日がぴったりだったことを意味します。

グレード3はかなりの努力をかけてから正解を覚えたときに使います。グレード3を付けた場合には、覚エテチョウが次の復習の日をちょっとだけ前倒しにします。

グレード2はあなたがあまり長い間、正解を覚えていられなさそうであることを意味します。

忘れた場合は0か1を付けてください。その場合は、覚エテチョウはあなたがそのカードにもう一度グレード2以上を付けるまで何度も見せます。

最高の結果を得るためには、毎日の復習をお勧めしますが、もし復習が滞ってしまったり、むしろ予習をしたい方にも覚エテチョウは可能な限り対応をするでしょう。

最初のグレード

カードを追加するとき、最初のグレードを与えなければなりません。カードの内容をまだ暗記していない場合は、「0」か「1」を与えましょう。カードがもう暗記した場合は、2以上のグレードを与えましょう。グレードが高くにつれて、最初の休止時間も長くなります。

カードの復習

覚エテチョウを起動すると、その日の復習するカードが自動的に現れます(前の日復習しなかったカードも現れます)。

復習するには、「答え表示」をクリックし(またはスペースバーを押す)、グレードを付けだけです。グレードを付けると次のカードに移ります。

覚エテチョウのウィンドーの右下隅に統計が表示されています。「今日のカード」は文字通り今日復習するべきカードのことです。1週間のスケジュールを確認したい場合は、メニューの「カードのデータベース」をクリックし、「統計を表示する」を選びます。